2008年06月10日

庭から昇ったロケット雲

今日は7月ロードショーの良質の映画「庭から昇ったロケット

雲」のご紹介。

rocket.jpg

この作品にもながれ続けているのは、家族愛と男は夢をあきら

めてはいけないというテーマ。

NASAでしか打ち上げることが出来ないと思い込んでいるロケット

を自宅の庭から打ち上げようという壮大な夢を追い続ける父

そして、その父の夢を一緒に追い続ける家族、

学校で学ぶことよりも父の姿を見て学ぶことが多いという確信。

やがて、やってくるピンチとその夢をあきらめてしまう父。

しかし、夢は追わねばならない。

父の夢はいつしか家族の希望なっていたのだ。


こんな話はありえないとはわかっていてもかなりよく作られて

います。特に父が飛び出していく瞬間、家族の気持ちがひとつ

になる瞬間にぐっとこぶしに力が入ります。

がんばれ父ちゃん!!


果たして父の夢は家族の夢はかなうのでしょうか?


女性が見ると「そんな奥さんおるかいなあ。・・・」と

いわれます。世の中のお父さんが見れば、なんて素敵な奥さん

なんやろうと思うはずです。

でも素直な人はきっと感動する映画ですね。


僕は素直に感動しました。

この夏公開。

公式ホームページは
http://www.rocket-gumo.jp
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

パンドラの月

先日の日曜日に大阪の浪速区民ホールでHINAMIの製作した

映画「パンドラの月」の上映会がありました。

pandoranotuki3.JPG

この映画革命「HINAMI」という皆さんは熊本を拠点に毎年

2時間クラスの長編映画をつくっている方々で、その代表が

黒川裕一さんです。

P1010968.JPG

HINAMIのホームページはこちら

http://www.hinami.org/

黒川さんは東京大学を卒業、単身ハリウッドに渡り、そこで

映画を製作したいという夢をおって生きてこられた方です。

その脚本はサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞

候補にノミネートされたという経緯を持っていらっしゃい

ます。

そして、何とか熊本を映画つくりのメッカとして定着させたい

と活動を続けておられます。


そのHINAMIが作ったこの作品。

題材は去年話題になった赤ちゃんポスト、このポストに預けら

れた子供と創設者の社長、秘書、ホスト、運転手、専務といっ

た人々が奏でる様々な人間の生き様が折り重なってこの物語を

つむいでいきます。

出演しているキャストはすべて毎年行われるオーディションで

選ばれた方々、プロの役者さんもいれば、素人の人もいるかも

しれませんが、皆さん参加したいという意識の元、熊本に出向

き、ほぼ手弁当で撮影に臨まれています。


実はこのキャストを選ぶオーディションに参加をされていた

だいたのが去年の5月だったと思います。それからのHINAMI

さんとのお付き合いが始まったのですが、黒川裕一さんの生

き様がかっこいいので是非皆様にお伝えをしたいと思ったわ

けです。

この映画はなかなかお目にかかることが難しいです。

過去のHINAMI作品も運がよければ見れるかもしれません。

ぜひ、HINAMIのホームページから上映会の日程を見つけて参

加をして欲しいと思います。自分たちの手で作り上げたすば

らしい映画を見ていただけると思います。



ラベル:パンドラの月
posted by ブンタ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ラストラブ

田村正和さんが14年ぶりにスクリーンに復帰してきて主役を務める「ラストラブ」を見てきました。

SAVE0105.JPG

ストーリー

ニューヨークでサックスプレイヤーとして活躍する阿川明(田村正和)は突然ジャズの世界から姿を消した。その5年後、彼は横浜に住んでいた。
自分の愛娘サチとの生活。日々旅行代理店の営業マンとして働いていた彼に一つの出会いがおきる。それが上原結(伊東美咲)との出会いであった。
その出会いはやがて場所をニューヨークに移し、急速に二人はお互いの存在に惹かれあう。
やがて、ミュージシャンとして復帰を誓う明にしのびよる病魔・・・残された時間で二人はどうなる?

感 想

実に田村正和さんらしい作品です。とはいってもテレビで見せるコミカルな演技ではないんですが、仕草、台詞、すべてが田村正和さんなんですね・・・(当たり前やんむかっ(怒り)

特筆すべきは3月にサックスを手にした田村正和さんが4曲を完全に弾きこなしているということです、しかも忙しいテレビの撮影の合間を縫って練習を重ねて、本番に臨んだということですね。ひらめき

サックスはかなり音を出すのが難しい楽器だと思うのですが、それに挑戦して一流のミュージシャンに混ざって演奏して、なおかつ存在感を出すのは本当にすごいことです。このシーンはかなり見ものですわ。

ニューヨークはこれまで何度も足を運んでいる町だけど、この映画の中で出てくる場面をみて、「あっここだよなあ」なんて思い返していました。タイムワーナービルの前で友人と待ち合わせ、地下にあるおいしいデリの店でランチを食べたことや、セントラルパークで、現地に住んでいるドクターに太極拳をならったなあ・・・いっこく堂さん、志の輔師匠と一緒に歩いたなあなどなど。

そんなニューヨークの景色をいっぱい楽しみながら田村正和さんの独特の世界に浸ってくださいませ。(そういえば一度、リーがロイヤルホテルのセラバーで田村さんにお会いしました、映画やテレビと同じだーーーーと、感動したのを思い出しました。)

公式ホームページは http://www.lastlove.jp

公開は6月です。

NO.66 200
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

リーピング

5月19日(土曜日)に、緊急公開が決まったワーナーブラザース映画配給「リーピング」を見てきました。

SAVE0103.JPG

ストーリー

主人公のキャサリンは奇跡を信じません。それは彼女がスーダンで布教活動をしている時におきた不幸な出来事により、最愛の娘を失ってしまったからです。

それ以来彼女は科学的に解明できないものは信じなくなってしまったのです、 そして逆に大槻教授のようにそんな奇跡は科学で証明できると豪語するのでした。

そんな彼女にある村で起きた不思議な事件の調査が舞い込みます。
その村に助手とともに出かけた彼女はそこで様々な現象を見ます。
そこに必ず絡む一人の少女、まだあどけない少女は兄を失っていました。だが、その原因も不明です。やがておきる様々な事件それは
彼女を巻き込みながら一人の少女の運命を翻弄していきます。

果たして、最後に勝つのは悪魔か?


感 想

ヒラリースワンクといえば「ミリオンダラー・ベイビー」や「ボーイズ・ドント・クライ」などでも知られる、オスカー女優ですが、今回、彼女が挑んだのが、なんとサスペンス映画。まあ、男がナンだ!見たいな感じの彼女ですが、今回のサスペンスはかなりすごい。

プラッター映画のように血が吹き飛ぶという絵作りはないのですが、徐々にストーリーは佳境へと導かれていきます。

そして、最後の災いが起きるときの大どんでん返し!!!
そうだったのね・・・と納得してみることができます。
ただ、突っ込みどころも満載なのがこの手のサスペンス。
じゃあ,神父はなんでアンナ姿になってしまったのだろう?

さらに追い打ちをかけるような演出!けっこうしびれましたね。


少女役のアナソフィア・ロブは「チャーリーとチョコレート工場」にも出演していました。
綺麗な顔立ちは将来のスターを感じさせます。ひらめき
ブルーの瞳はかなり魅力的ですぞ!

NO.64 2007
posted by ブンタ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

佐藤江梨子が体当たりの演技でがんばっております「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を鑑賞してきました。

SAVE0102.JPG

ストーリー
とある山間部の村、(石川県と思われる?)ここで交通事故がおこる。そこで取り残された家族に東京に女優になるために行っていた姉が帰ってくる。その姉、澄伽(佐藤江梨子)が帰ってくることによって、妹、清深(佐津川愛美)と血のつながりのないの兄(永瀬正敏)が振り回されていく。果たして、この自己中の澄伽がどんな行為をするのか、結末は?

感 想
佐藤江梨子が泥だらけになりながら、体当りの演技をしている。その迫力がこの映画を面白くしてくれている。それにしても、このタイトルのつけ方が面白いと思う。
「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」というタイトルの中の悲しみの愛というところが誰にとっての愛なのか?案外兄嫁の永作博美の心の中の声かもしれない。

ちなみにこの作品はカンヌ映画祭の監督週間にかかる作品にえらばれたということである。フランス人には日本の漫画についての理解はどれくらいあるのだろうか?その評判を聞いてみたい。
ちょうど来月カンヌ映画祭は行われるとおもうんだけど、さとえりもカンヌに行くのかなあ?

個人的には永作博美さんの心に悲しみを抱きながらもだんなを心から思っている姿がけなげであった。

公式ホームページ http://www.funuke.com

NO.60 2007
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

輝ける女たち

カトリーヌ・ドヌーブの妖艶な姿をスクリーンで楽しめます。
フランス映画の「輝ける女たち」
2007年フランス映画祭のオープニングを飾った作品です。

SAVE0101.JPG

ストーリー
フランスにあるキャバレー「青いオウム」、ここのオーナーであるガブリエルは、突然亡くなってしまう。残された店と人間関係。
息子のように慕っていたニッキーとその元嫁アリス、シモーヌとその息子ニノ・娘マリアンヌの複雑な心の葛藤などをつづりながら、その中で生きる人間を描いている。

感 想
かなり、じっくりと作りこんだ脚本です。人間関係を整理して理解しているとわりとすっきりするのですが、ぼーと見ていてわからなくなると、結構難しいです。

世界中で一番愛の行為が多いのがフランス人だといわれておりますが、この主人公のニノもまさにその王道をいっております。うーん、中年の魅力満載。

さらにホモセクシャルのシーン、トップレスダンサーのダンスシーン、などなどがスクリーンいっぱいに繰り広げられます。

この作品には花王が特別協賛についています。すごく芸術に理解のある会社だと思いますね。

フランスを代表する女優さんが本編の中で歌っているのですが、ジェラルディン・ぺラスのうたう曲にはぐっと迫るものがありました。エマニュエル・ベアールの歌声には哀愁を感じます。

見終わって人生の不思議な運命のおりなす結果に、自分の人生を重ねてみてしまう秀作です。

公式ホームページ
http://www.kagayakeru-movie.com

no.59 2007

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

歌謡曲だよ、人生は

三年がかりの構想で出来上がったというこのムービー、涙あり笑いあり、まさに映画のワンダーランドのような珠玉のオムニバス映画なのだ!

SAVE0098.JPG

本編が12曲のいわゆる歌謡曲によって構成されているのだけれど、その曲がいずれも1960年代にヒットしたナンバーがテーマである。

ずばりはまる世代はいわゆる団塊の世代といわれる55歳から60歳ぐらいの方がこの映画をみれば、「アーこの曲がはやった時はこんなことがあったなあ。・・・」という思い出と直結するのではないだろうか?

それを12人の日本を代表する才能が集結して一話10分程度にまとめあげているのがこの作品「歌謡曲だよ、人生は」なんです。


色々なテイストの作品が出てくるのですが、試写会場は大きな笑いに包まれて、いい雰囲気でした。

SAVE0099.JPG

僕的には片岡英子監督がつくった「ラブユー東京」が最高!!
この作品のつくりと落ちの見事なバラスと、笑いをとるつぼがぴったりはまって、ホンマに苦しいくらいに笑いましたね。

あとは「女の道」の宮史郎さんが実際に登場してくるパートも良かったのですが、やはり本人が登場するというのは、青銅器の武器しかない軍隊に鉄の武器をもった軍隊が戦いをするみたいで、圧倒的な有利さがあるような気もするのですけどね・・

全体でみると12編のオムニバスなのですが、それぞれに味があって楽しめましたね。僕としては全体であと30分短くなってもいいかなあという気もしましたけどね。全部で2時間10分の作品なんです。

この作品「歌謡曲だよ、人生は」は5月12日よりロードショーです。

公式ホームページ
http://www.kayomusic.jp

NO.57 2007
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

ゾディアック

今日はワーナーブラザース映画配給「ゾディアック」の劇場試写を見てきました。

監督がデビット・フィンチャーということでわくわくしながら見にいったのでした。今まで、フィンチャーが監督した作品としては、「セブン」「ゲーム」「ファイトクラブ」など、最後までどうなるのかわからないような、話の展開や映像が斬新で記憶に残る作品を作ってきているだけに期待はかなり膨らみました。

さて、ストーリーですが、アメリカで実際に起こった連続殺人事件を元にこの作品は作られています。1969年カリフォルニア バレーホで若いカップルが射殺されるところからこの事件は始まります。

その時の新聞社に勤務をしていた記者のポールが事件を追うのですが、途中から彼はおかしくなっていきます。酒とドラッグに溺れてしまい、事件からは遠ざかります。同じように刑事たちも一人また一人と離れていくのですが、最後まで追い続けるのはデイブ・トースキー刑事でした。そして、最初は見習いのイラストレーターだった今回の主役ロバート・グレイスミスがこの事件を新たな視点から振り返り、犯人へと近づいていくのですが果たして・・・


 うーん、さすがデビット・フィンチャーというべきなのか、あるいは、昨晩飲みすぎたワインが胃の中でまだ残っていて、食欲がないような感覚とでも言うべきなのか。がく〜(落胆した顔)

一つ一つを丁寧に描いているんだけど、最後はどうもスッリ感がないんですよね。実際の話でその通りに描いているからこその結末だとは思うのですが、「えー?終わり??」みたいな感覚は否めないです。

zodiacP.jpg

犯人を追うその義務感から家族を犠牲にしてまでも、ゾディアック探しにあけくれるグレイスミスの役をジェイク・ギレンホールが好演しています。「ブローバックマウンテン」でのアカデミー候補となったナイーブな演技は健在でした。ひらめき

かなりリアリティにこだわった作品「ゾディアック」
公式ホームページは
www.zodiac-movie.jp

2007年6月16日公開

上映時間は2時間37分

NO.56 2007
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

ラブソングができるまで

ヒュー・グラントとドリュー・バリモアがおりなす素敵なラブソング。「ラブソングができるまで

SAVE0095.JPG

今まで実はヒュー・グラントのことがそんなに好きではなかったのだが、それは自分の間違いであった。バリモアもそれほど好きな女優さんではなかったのだが、今回のこの映画で自分的にはかなり二人を好きになった。

バリモアもいろんな映画で見たけど、今回のバリモアはかわいくて素敵なレディになっている。演出のこともあると思うけど、彼女がお茶目な役どころをしていて応援したくなる自分がいた。

一番うけたのは何といっても、ヒュー・グラントが80年代のポップス全盛の時に売れたグループのプロモーションビデオで踊るシーン。

「あった、あったこういうシーン」と思わず突っ込んでしまいそうな腰振りダンス。そしていまだに頑張って踊っている姿とそこに群がる昔のファン、今は子供も大きくなった彼女たちの昔へのタイムマシーンが彼の歌だった。

学生のころWAMというグループがいて、その曲を学園祭で踊った記憶がある。某新聞社の映画の記者の方がボーカル。曲名が「BAD BOYS」まさに今回の映画に出てくるような曲調だったんですね。

あれから23年四半世紀を経て登場したこの作品はある種僕たち世代を的にしているような気すらするのであった。きっと青春の思い出がふつふつと思い出されるに違いない。

古きよき80‘s(こう書く時点でオジサン??)サウンド酔えますよー。

映画が終わって心が温かく気持ちが良くなる映画であると思いますので、是非カップルで行くことをおすすめします。
デートのときに二人でみていい映画のベスト10に入りますよー。
公開は4月です。

NO.43 2007
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

北斗の拳 ラオウ伝激闘の章

昨年公開された北斗の拳5部作の第一弾!

ornl_pic12.jpg

一子相伝の北斗神拳の継承者を決めるために運命に翻弄される兄弟の物語。その中でもケンシロウと生涯にわたり己のこぶしを争ったラオウに照準を当てて作ってある。

昔、テレビで「北斗の拳」が放送された時に見てがっかりしたことがあった。それは、ジャンプで見た映像とテレビで放送されていた映像があまりにも違っていたからだった。

そして、見たこの作品。
はっきりいって原作にかなり忠実なタッチで描かれている。
原作ファンとしては今回の5部作のほうが入り込めるような気がする。絵の作りが丁寧で音響効果もばっちりだ。

ゴールデンタイムに放送されていたテレビと違い、DVD&劇場用は演出にも幅が出すことができたんだろう。

今後も次々と登場人物に光をあててDVDや劇場公開が続く。
第2弾は「ユリア伝」第3弾は「ラオウ伝 激闘の章」
第4弾は「トキ伝」第5弾が「ケンシロウ伝」

だと記憶している。(この間クリスタルキングのムッシュ吉崎さんとトークしたときの記憶・・・)

ますます楽しみな北斗の拳・・・ゴールデンウィークには第3弾の「ラオウ伝 激闘の章」が劇場公開される。

st_pic2.jpg

実は4月12日にラオウを偲んであるイベントが行われるのだがここではまだ発表は控えておこう。

NO.42 2007
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。