2010年12月16日

恋とニュースのつくり方

さて今日も映画のご紹介「恋とニュースのつくり方」パラマウント映画の配給作品です。

恋とニュースの作り方.bmp

主役を務めているのは、レイチェル・マクアダムス、彼女は「シャーロックホームズ」や「君がぼくを見つけた日」にも出ている最近、注目の女優さんです。

その彼女が今回は朝のテレビ番組のプロデューサーに抜擢されて、奮闘する様子が描かれています。

万年低迷する朝の番組「デイブレイク」を何とか立て直そうと新しいキャスターを連れてくるのですが、これが一筋縄にはいかない男=ハリソン・フォードなんですねー。

男のプライドが低俗な番組の司会をすることを許さない。

しかし、視聴率は上がらない。そんな時、番組の打ち切りが宣告されてしまう。

必死に視聴率を上げようとする彼女に、みんなが協力していく。

だんだんと上がる視聴率。しかし、ハリソン・フォードだけはなかなかプライドを崩すことができない。

やがて、彼女の子供の頃からの夢だった「TODAY」からの引き抜きの話が舞い込む。

果たして、彼女はどうするのか?

そして、ハリソンフォードは、どんな行動にでるのか?


この映画を観終わって浜村淳さんもしみじみとおしゃっていました。

「今の業界を観ているようで私たちたちも身につまされますねー」と

確かにいつ首になってもおかしくない世界です。

視聴率が上がらないとどんなにいい番組が作られても打ち切りになってしまう。

そんな業界の方々にとっては、ある意味、心にジーンと来る作品です。

特に女性の方がこの作品を見ると胸がすーとするのではないでしょうか?


公開は2011年2月25日

まだ少し先ですね。この作品も笑えます。元気がもらえる感じですよ。

posted by ブンタ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。