2006年04月19日

インサイド・マン

UIP映画配給

インサイド・マン (2006)
INSIDE MAN

NEC_0035.JPG

監督: スパイク・リー Spike Lee
製作: ブライアン・グレイザー Brian Grazer
製作総指揮: ダニエル・M・ローゼンバーグ Daniel M. Rosenberg
脚本: ラッセル・ゲワーツ Russell Gewirtz
アダム・エルバッカー Adam Erbacher
撮影: マシュー・リバティーク Matthew Libatique
プロダクションデザイン: ウィン・トーマス Wynn Thomas
編集: バリー・アレクサンダー・ブラウン Barry Alexander Brown
アダム・エルバッカー Adam Erbacher
音楽: テレンス・ブランチャード Terence Blanchard
 
出演: デンゼル・ワシントン Denzel Washington
クライヴ・オーウェン Clive Owen
ジョディ・フォスター Jodie Foster
ウィレム・デフォー Willem Dafoe
キウェテル・イジョフォー Chiwetel Ejiofor


感 想

社会派監督、スパイク・リーが自分のネットワークを駆使して作り上げた

サスペンス映画。人種差別、ナチスの問題、深い社会へのメッセージも

含んだつくりになっている。

脚本がうまくできている為に、構成が実に巧みである、最初のクライブ・

オーウェンの独白から始まるこの映画は、登場人物の事情聴取が織り込まれ

ていくのだが、このオーウェンの独白だけは意味が違う。

それは映画を見ていった最後のほうになって初めて明かされる。

そこにこの作品の醍醐味はある。

デンゼル・ワシントン、ジョディー・フォスターらの豪華なオスカー俳優にも

恵まれて見ているものを飽きさせない。

途中で???となるかもしれないのでじっくりと細部にわたってみて欲しい

作品である。

公開は6月10日より

↓ポチッおしてください。励みになります。
banner_03.gif
posted by ブンタ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【インサイド・マン】
Excerpt: デンゼル・ワシントン扮する捜査官は 何も要求してこない銀行強盗犯苛立ちを 感じ始める。 これはただの銀行強盗なのか? それとも別の目的があるのだろうか?? その頃、銀行の中では犯人たちは人質た..
Weblog: Watch IT!
Tracked: 2008-04-27 01:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。