2010年03月01日

ニンジャ・アサシン

今日から三月、早いですね。

本日は、ワーナーブラザースさんの映画が二本ありました。

一本目が「ニンジャ・アサシン」

ninja-assassin_main.jpg

韓国のポップ歌手Rainのハリウッド初の主演映画です。

題材は日本のニンジャ。

どこかの山奥で拾われたりつれてこられた孤児が

死に物狂いの訓練を経てニンジャになり、世界の要人を

暗殺する。

その代価は100ポンドの金塊の値段。

そんな中で育ったRainはやがて、自分の生き方に疑問を

もつようになり、抜け忍になる。

抜け忍の掟は死。

命を狙われるRain、やがて追ってが迫ってくる、

インターポールの刑事とともになんとかこのニンジャ一族を

打ち破ろうとするRain

やがて、敵のニンジャに捕らえられ、ニンジャの養成所に

連れて行かれてしまう。

果たして、Rainは師匠を超えることができるのか・・・・



とにかく、血しぶきがすごい。

これでもかと見せられる、アクションとCG処理された

戦闘シーン。

マトリックスのクリエイターが作成しているということで

その映像はかなり斬新であった。

新しいカンフー映画といってもいいのかもしれない。

カンフー好きな方にはかなりお勧めかも。

それからRain好きな方も是非。

それにしても韓国のタレントさんは体ができている。

その鍛え方は半端ではない。Rainさんも例に漏れない。

うーん。

タレントとしてもう少し体を鍛えなければならないなあ・・・

posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。