2008年09月24日

最後の初恋 

P1020661.JPG

今日は、ABCの試写会の司会をさせていただいました。

紹介した作品はワーナー映画の「最後の初恋」という作品です。この作品はアメリカの作家、ニコラス・スパークスという人が書いた作品が原作となっています。

この作家は「きみに読む物語」を書いた作者なんですが、とってもいいお話を書く人です。このときは56週間ぐらいニューヨークタイムスの書籍ランキングに入っていたそうです。

この話も、ややもすれば不倫の話なんですが、そこから考えさせてくれることがたくさん出てきます。

主人公のエイドリアンをダイアン・レインが演じています。
彼女は夫が浮気をして家に帰ってこない、子供が反抗して全然言うことを聞いてくれない、そんな家庭の主婦です。

明日も同じような生活が続くのかと思った彼女は海辺のホテルのお世話を友人にかわってすることにします。

その間、やってきたのは一人の宿泊客、ポールです。彼は外科医でやはり家庭の問題を抱えていました。そして、二人が一緒にご飯を食べてお互いの話をするうちにやがて二人には恋が芽生えます。

そのポールをリチャード・ギアがやっているのですが、甘い恋なら任せておけという感じですね。愛と青春の旅立ちから25年以上も現役で恋しています・・・すばらしい。

さあ、3日め。ホテルを嵐が襲います、果たして二人は結ばれるのでしょうか?激しい嵐の中・・・二人の心も激しく揺れます・・・どうなるの・・・あれー!!やっぱり。

あとは見てのお楽しみ。

最後の初恋.jpg

今週の土曜日から公開です。
ラベル:最後の初恋
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。