2008年08月30日

幸せの1ページ

幸せの1ページ.jpg

さて幸せの1ページですが、無人島に住んでいる海洋学者とその娘とサンフランシスコに住んでいる冒険作家の物語。

ある日、父は海に調査に出かけるが、時化のために島に帰れなくなってしまう。独りぼっちになってしまった娘のニムは、インターネットでサンフランシスコの冒険作家のアレクサンドラ・ローバーに助けを求める。

ところが、彼女は極度の対人恐怖症で潔癖症の女性であった。果たして、一人残されたニムを救うことはできるのでしょうか?

彼女の本当の冒険が今始まったのです。


なかなか、面白い映画でした。ジョディー・フォスターがその作家役をしているのですが、今までシリアスな演技の彼女しか知らなかったのですが、今回はコミカルな役を演じています。

対人恐怖症で引きこもりで潔癖症の人が家を出るだけでも冒険なのですが、その演技がうまかったですね。

ニム役にはアゲイル・ブレスリンという少女が扮しているのですが、彼女は、実に自然にこの役をこなしていました。やはり、「リトル・ミス・シャンサイン」でアカデミー賞にノミネートされただけのことはあります。

もう一つ、お父さん役のジェラルド・バトラーですが、後から知ったのですが、作家が想像でつくった冒険家のアレックス・ローバーと同一人物が演じていたんですね。びっくりです。

ワイルドな雰囲気がぴったりのジェラルド・バトラーでしたね。

ハッピーな気持ちになえる幸せの1ページは9月6日よりロードショーです。

公式ホームページ http://www/shiawase1.jp

posted by ブンタ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。