2008年06月24日

帰らない日々

今日は7月公開の映画「帰らない日々」のご紹介です。

IMG_NEW.jpg

この作品は「ホテル・ルワンダ」を撮ったテリー・ジョージと

いう北アイルランド出身の監督さんが作った映画です。


ある日突然、訪れる悲しみ。家族が見ているまで交通事故で

最愛の息子が亡くなってしまう。

その悲劇を背負ってしまった残された家族。母親も自分の

せいで子供が死んでしまったと自分を責める。そして、

警察の捜査の遅さにいらだつ父親。やがては自分で犯人を

探そうとする。そして、意外なところにいた犯人への復讐。

果たして結末はどうなるのか・・・・?


このての映画はテーマが重くのしかかってくる。もし家族が

交通事故でなくなったり、あるいは図らずも加害者になって

しまった人たちが見ると、胸を締め付けられるような思いで

見ることになるでしょうね。

結局、復讐の気持ちはずっと人の心を蝕み続けるのですね。

やはり、アメリカがテロにやられて(自演かもしれませんが)

その復讐によってさらに多くの中近東の人々が殺され、殺さ

れた側は、また復讐を誓う。

そんな負の連鎖を断ち切ってなんとか世界を平和に導いて欲し

いものです。


ちなみに先日受講したセミナーで、日本人には、眠っている

すばらしい遺伝子があるそうです。その力があれば世界を変

えることができるぐらいの力だそうです。みんながその遺伝子

を目覚めさせれば次の時代には日本人がリーダーシップを取れ

るぐらいの力だそうですよ。


それは「和」の力だそうです。

不思議なものです。
ラベル:帰らない日々
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。