2008年07月31日

ダークナイト

大阪の天保山といところにIMAXシアターがあります。

この日は、ワーナーブラザース映画配給の「ダークナイト」の試写会が行われたので久しぶりに天保山に行ってきました。

P1020253.JPG

ここには海遊館があって夏休み中は日本中から観光客の来るところです。

さて、なぜこの映画がIMAXシアターで上映されるかというと「ダークナイト」の一部のシーンがIMAXカメラで撮影されているからなんです。恐らく僕の記憶では一般の映画でIMAXカメラを使って撮影されたのはなかったのではないでしょうか?

一体どんな映像になっているのか?楽しみで出かけました。

それから、タイトルには、入っていないのですが、この作品はバットマンの最新作なんです。

ダークナイト.jpg

前作、バットマンビギンを作ったクリストファー・ノーランという監督が前と同じものを作っても意味がない、全く違うものを作りたいということであえて、バットマンの名前をはずしているのです。

普通はバットマンという名前がついているから見に行こうというモチベーションになるのですが、この「ダークナイト」では、あえてその名前をはずしているのです。

さらに、今回の悪役ジョーカーを演じた、ヒース・レジャーが今年の一月に薬物中毒で亡くなり、彼にとってこの作品が遺作となったのです。

そのヒース・レジャーのジョーカー役はすごいの一言です。まるで自分の死を予感していたかのようにジョカーが乗移ったかのような演技は、見ていて鳥肌がたちます。

エンドロールで彼の名前が出た時は拍手が起きていました。

隣に座っていたY新聞のMさんは、ヒース・レジャーに合掌するのよ・・・と話していましたがあまりにも映画が早く終わってしまったこととIMAXシアターでの上映のすばらしさにできなかったようです。

作品は2時間半もあるんですが、その長さを感じさせません。まさに時間を計るのは意識だということがよくわかります。

今回の一般の上映は残念ながらIMAXシアターでの上映はないようなのですが、あの映像の迫力はぜひ皆さんに知ってもらいたいですね。まるで目の前に起こったいるかのように、包み込まれます。

試写を二回観たというライターの方も多かったのですが、IMAXシアターでのすばらしさを皆さん熱く語っておられました。


作品のできもすばらしく、最近のアメコミ作品の中でも秀逸だと思います。

今までのバットマンシリーズとは少しテイストの違ったこの作品「ダークナイト」は8月9日より公開です。その前の週に先行上映があるようです。

公式ホームページ
http://www.dark-night.jp

ラベル:ダークナイト
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。