2008年08月04日

ハンコック

ウィル・スミス主演映画「ハンコック」のご紹介

ハンコック2.jpg

この秋公開の映画「ハンコック」を一足早くレポートです。

ウィル・スミス演じるハンコックはスーパーパワーを持って生きていた。空を飛び、弾が当たっても死なず、猛烈な力で悪を退治して生きているのですが、いつもやりすぎて市民の反感を買っている。ある日彼が助けた宣伝マンが彼に行き方を変えるように説得し、彼はその言葉に素直に従うようになる。そんな彼はやがて市民から愛されるヒーローになっていくのですが、ある出会いが彼を変えていく。いったい彼の体に何が起きたのか・・・


いやあ、びっくりします。

途中から話ががらっと方向性を変えて進んでいきます。最初は月を目指して飛んでいた宇宙船が気がつくと太陽めがけていた・・・というぐらいの方向チェンジです。

その潔さには脱帽ですが、なんか前半で積み重ねてきたことが、ガラガラと音を立てて崩れていく様は、すごいです。

この展開は、きっと見ている観客も「えーそうなんだー」と思わずにはいられないのではないでしょうか?

見ている分には、展開もスピーディーですし、ある意味コメディ作品として考えると十分に面白と思うのですが、シャーリーズ・セロンの積み上げていた作品の重さを思うと、ちょっとかわいそうかなあ・・・

作品の中でハンコックが演じている姿は、今のアメリカの抱える問題点を浮き彫りにしているし、入獄して受刑者とのやりとりで彼が認められてしくシーンなんかは、じっくり撮っているんですけどね・・・

なんか不思議な映画です。

しかし、アメリカでは7月のボックス興行収入では堂々の一位を獲得、3日で70億以上を稼いでいる。

日本でも宣伝の展開によっては十分に入ってもおかしくないと思います。

公開は8月30日より
公式ホームページ http://www.sonypictures.jp/movies/hancock/
ラベル:ハンコック
posted by ブンタ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。